糖尿病:薬物療法と低血糖などの副作用の関係

ナース 横長糖病病の人に薬を使って治療する(血糖値を下げる)ことを薬物療法と言います。血糖値を下げる目的で薬物療法で使用される薬としては、飲み薬の「血糖降下剤」と、注射による「インシュリン」とがあります。

糖尿病の人が血糖値を下げる薬が処方されるきっかけは、「食事療法」や「運動療法」を行ってもなお血糖値が下がらない、不安定だ という場合が普通です。

使用薬は、

Ⅱ型糖尿病で血糖値がそれほど高くないタイプの人→飲み薬の血糖降下剤、

それでも改善しない人やI型糖尿病の場合→インシ ュリン

という順序で処方されますのが一般的です。

さて、薬物療法を行う上で注意すべきこととしては、低血糖の副作用に注意するということです。

食事の間隔が空き過ぎたり、過度な運動を行った場合、血糖値が下がり、結果、低血糖になることがあります。それ以外にも食事がとれなかったり、お酒を飲み過ぎたりしても低血糖になることがあります。

低血糖になると、めまいや冷や汗、手のふるえ、動悸、強い空腹感などの症状があらわれ、
放っておくと「低血糖性昏睡」といって意識を失ってしまいます。そのまま放置する
と死亡するおそれもある大変怖い事態です。

薬を使用する人は、食事の間隔に注意しきちんと食べること。どうしても食事がと
れない時には、甘いものやジュースなどすぐ口にできるよう心がけた方が良いようです。

これ以外で注意すべき点として、インシュリン以外の血糖降下剤は、使い続けると薬が効か
なくなる場合があることです。これらの薬は、すい臓を人工的に剰激したり、糖の吸収
を妨げたりと、強制的な方法で血糖値を下げるため内臓に負担がかかります。

そして効果には限界があるのです。そうなると薬の種類が増えたり、インシュリンに切り換
えたりと、次第に強い薬物療法に変わっていきます。

薬を使っているからといって、「食事療法」や「運動療法」をおろそかにしないこと。
そして決して薬に依存しないようにすることが肝心です。

(Visited 64 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です