糖尿病で薬で処方される場合の注意

ダウンロード1糖尿病で薬で処方される場合の注意としては、糖尿病で薬を使っているからといって、「食事療法」や「運動療法」をおろそかにしないことです。

そもそも糖尿病でお悩みの方が病院で血糖値を下げる薬が処方されるのはどういう場合か?

多くは、「食事療法」や「運動療法」を行ってもなお血糖値が下がらないケースです。

血糖値を下げる薬としては、「血糖降下剤」、これは飲み薬ですね。それと「インシュリン」注射です。

一般的にはⅡ型糖尿病で血糖値がそれほど高くないタイプでは血糖降下剤を使い、それでも改善しない人やI型糖尿病の場合はインシュリンという順序で処方されます。

ここで注意しなければならないのは、どのような薬を使用しても「低血糖」になる可能性があ
るということです。

例えば、食事の間隔がかなり空いたり、過剰な運動をしたりすると血糖値が
下がり過ぎて、低血糖を起こすのです。また病気で食事がとれなかったり、アルコー
ルを飲み過ぎたりしても低血糖になることがあります。

薬を使用する人は、食事の間隔に注意しきちんと食べること。どうしても食事がと
れない時には、甘いものやジュースなどすぐ口にできるよう心がけましょう。

低血糖は、めまいや冷や汗、手のふるえ、動悸、強い空腹感などの症状があらわれ、
放っておくと「低血糖性昏睡」といって意識を失ってしまいます。そのまま放置する
と死亡するおそれもある大変怖い事態です。

もうひとつ危険なのは、インシュリン以外の血糖降下剤は、使い続けると薬が効か
なくなる場合があることです。これらの薬は、すい臓を人工的に剰激したり、糖の吸収
を妨げたりと、強制的な方法で血糖値を下げるため内臓に負担がかかります。

そして効果には限界があるのです。そうなると薬の種類が増えたり、インシュリンに切り換
えたりと、次第に強い薬物療法に変わっていきます。

このようにならない為にも、糖尿病の薬に過度に依存しないようにすることが大事ですね。

(Visited 38 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です