糖尿病の飲み薬の副作用

ダウンロード2◆α-グルコシダーゼ阻害薬の副作用
お腹が張ったり、ガスが出やすくなったりします。その他、下痢、軟便、便秘、腹痛、食欲不振、悪心、嘔吐、なども起こることがあります。この薬だけでは低血糖を起こすことはありませんが、他の薬と併用した場合は低血糖になることもあります。その場合は砂糖ではなく、ブドウ糖を飲んで対処します。

◆スルホニル(スルフォニル)尿素薬の副作用
スルホニル尿素薬の欠点は、服用量が多すぎると低血糖になることがあります。肝臓・腎臓の弱い方、お年寄りの方は特に注意してください。
そして、空腹感がとても強くなることです。ですので、余計に食べてしまわないように注意してください。
また、長い間使っていると効果が現れにくくなります。(この現象をスルホニル尿素薬の二次無効といいます。)そのため、薬の服用量が増えるなどのマイナス面があります。

◆インスリン抵抗性改善薬の副作用
むくみ、貧血、まれに重症の肝障害を引き起こすことがあります。

◆ビグアナイド薬の副作用
肝臓や腎臓、心臓の悪い方や、高齢者の方は、この薬を服用することで、血液中の乳酸が増えてしまい、吐き気やけいれんを起こして、昏睡状態になってしまう「乳酸アシドーシス」になってします可能性があります。
この薬を飲んで、吐き気などの体調に変化が起きたら、服用はすぐに中止しましょう。
食前に飲むと胃腸障害が出ることもあります。

◆速効型インスリン分泌促進薬の副作用
この薬は、効き目が速くあらわれるので、食事をせずに服用してから 30分以上たってしまうと低血糖を起こしてしまう危険があります。

(Visited 13 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です