糖尿病の原因は血液の汚れ

血管元々糖尿病というのは、血液の流れが悪くなる病気です。血糖値の高い(糖分の多い)血液は、かなりドロドロしていて、ただでさえ血管の中で流れにくい状態なんですね。

糖尿病性腎症とは、簡単に言うと、高血糖状態が続くことにより、腎臓の機能が損なわれてしまう病気です。

糖尿病性網膜症 発症の原因
しかし! 糖尿病、つまり高血糖の状態が続くと、網膜に栄養や酸素が運ばれにくくなってしまうのです。なぜでしょうか? 高血糖状態が続くということは、血液の中に余分な糖分が、ずっとあり余っているということなんですね。そうすると、栄養や酸素を運んでいる赤血球に、悪影響が及んでしまうのです。長期に渡り、余分な糖分が血液の中にあると、赤血球がいわば砂糖漬けになってしまうのです。

自律神経障害の症状とは?
しかし高血糖のドロドロ血液によって、神経に栄養を運ぶ血管が詰まったり、損傷したりして、神経に栄養が伝わらなくなると、栄養がもらえない神経は、徐々に本来の機能を果たせなくなる訳です。
では、自律神経の障害には、どんな症状があるでしょうか?
• 立ちくらみ
• 汗の異常(汗をたくさんかく、逆に汗をかかなくなる)
• 胃のもたれ
• 下痢・便秘
• 膀胱障害
• http://www.nagayoku.com/complication/nerve/

(Visited 16 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です